秋の薬膳~季節の養生・秋の乾燥対策


昼間はまだ夏のように暑い日もありますが、朝晩は涼しくなり、秋の気配感じるようになってきました。

だんだんと空気も乾燥し、それによるトラブルも増えてきます。薬膳のもととなる中医学では、乾燥に弱いとされている臓器は肺です。最近、から咳がでませんか?

喘息や気管支炎、肺炎などが流行るのも、肺が弱りやすい季節だからです。

また、肺が正常に働かなくなると、それとつながる大腸も乾燥し便秘になったり、皮膚も乾燥し乾燥肌になりやすくなります。

そこで、今回は、肺を潤し、風邪、便秘、乾燥肌予防の薬膳をご紹介いたします。

秋の薬膳・その1 潤いをしっかりと

乾燥に負けないように、しっかり潤しましょう。

体を潤す食材は、長芋、山芋、オクラ、豆腐など水気の多いもの。特にネバネバした食材は、体のバリアも強くするので風邪予防にもオススメです。

夏の暑さも残る、秋の初めの頃は、梨やブドウ、イチジクなどのジューシーな果物で体を潤し、秋が深まる頃は、落花生、くるみ、アーモンド、カシューナッツなどの自然の油が豊富なナッツ類で体を潤すことをオススメします。

他にも、クコ、卵、豚肉、白キクラゲ、黒キクラゲ、牡蠣、ハマグリ、あさりなども体を潤す食材です。

これらの食材を、煮る・蒸す・スープ・お粥などの水気の多い調理方法にすることで、ますます潤う効果がアップします。

例えば、パンは材料の水気をとばして焼いているので、それよりご飯や、さらに水気の多いお粥のほうが秋には相応しいということです。

パン好きの人は、サイドメニューには焼いた卵より、卵スープを選んでください。

杏仁豆腐の材料となる杏仁も、体を潤す食材です。

上に載っている「アンチエイジングの実」「食べる目薬」といわれるクコも体を潤す薬膳食材ですし、杏仁豆腐は秋にふさわしい体を潤すスイーツとなります。

(簡単薬膳レシピ1)潤い杏仁豆腐

 

※ただし、冷蔵庫で冷やしすぎ、食べすぎには注意!

秋の薬膳・その2

中医学の基本的な考え方、五行理論では、秋の色は白といわれます。秋は肺を補う、梨・白きくらげ・百合根・大根・かぶ・蓮根などの白い食材を食べましょう!

水気の多い梨は体を潤すだけでなく、咳止めやのどの痛みをとる効果がありますが、こちらも煮込んだほうがさらに潤い効果がアップします。

美肌の薬膳で有名な白きくらげも体を潤し、特に乾燥肌にはオススメです。

これらを使った簡単薬膳スイーツもご紹介いたします。

(簡単薬膳レシピ2)梨とキクラゲのとろとろ煮

(材料)全て適宜
クコ・梨・白きくらげ(水で戻しておく)・クコ・陳皮・(甘さが欲しい人はハチミツか、氷砂糖・レモン汁などの柑橘類

(作り方)
1.梨は食べやすい大きさに切り、レモン汁以外は一緒に水から一緒に煮こむ。
2.途中、味見して甘さが足りない時は、ハチミツか氷砂糖も入れる。
3.30分くらい煮て、(白木耳がとろとろがいい人はさらに煮て)、最後に、レモン汁(柑橘類ならなんでもよし)を加えて味を調える。
※こちらも、あまり冷たくせずにお召し上がりください。風邪、乾燥肌予防、喉や口が渇いて仕方がない時にオススメです。

乾燥の季節、辛いものや大量のお酒は、ますます体を乾燥させるので、控えめにしてください。

秋は気温の変化が激しく、体も疲れやすくなります。体が疲れていると、胃腸も100%では働けません。せっかく体に良いものを食べても、胃腸がしっかり受けいれることができないと、栄養にも薬膳にもならずにただの湿気となってしまいます。

(湿気によるトラブルは、「季節の養生~梅雨から夏の対策養生」の記事参照)

疲れたと思ったら、早寝を心がけて、体も内臓も癒してください。

(理想は23時までの睡眠です)

三里あれんより

秋の養生法、いかがでしたでしょうか?

特にこれから風邪などひき体調を崩しやすい季節。

潤いをアップして元気な体をキープしたいですね^^

潤いアップといえば、塩風呂おすすめですよー!!

著者プロフィール

萌木のり子
おうち食医R主宰・国際中医師・国際中医薬膳師

萌木のり子先生

2児の母。小さい頃、体が弱かった子どもたちの体質改善のために、中医学の勉強を始める。

『元気もキレイも毎日の生活から』をモットーに、毎日の食卓に無理なく気軽に取り入れられる薬膳を提案する。
自身や家族のからだの声を聴ける人になれるように、2013年から薬膳講座、おうち食医養成講座を開講。

現在、200名を超える会員様在籍。企業・自治体・幼稚園・大学など、各種団体で中医学・薬膳の講師として活動。
薬膳茶・薬膳メニューなどを監修販売(おうち養生研究所